調査サービスのポイントをご紹介!

ランキング調査

ランキング調査 No.1リサーチは、サービスの調査を行って自社製品やサービスが1位であることを確認するものです。
ランキング調査はアンケートや街頭調査などを活用して行うので、No.1リサーチを使ったからといって自社の評価が必ず1位になるわけではもちろんありません。もし1位を獲得できれば、第三者機関の評価としてそれを提示できるものということになります。
そのため、主な使い方としては、強みのある商品やサービスを提供していて、一位を獲得できる自信がある場合であり、それが売り上げにつながると考えられる場合です。そして、それ以外にも活用のメリットはあり、自社の位置づけを調べることでユーザーが求めていることを調べてそれを活かせることもメリットです。
ターゲットが何を求めているのか、ランキング調査で自社がなぜ負けたのか分析すれば、次回に活かすことができるので、ナンバーワンを広告に表示する以外の活用も会社にとってはプラスになります。

No.1リサーチ会社の比較検討ポイントについて

No.1リサーチ会社の比較検討ポイントについて No.1リサーチを検討する場合は、リサーチ会社選びをする必要があることから、比較検討について知りたくなるのではないでしょうか。
No.1リサーチ選びには料金や調査の方法、目的や納期に納品物のデータ形式といったポイントがあります。
また設問数や調査サンプルの数も軽視できないですから、しっかりと検討して候補を絞り込んでリサーチ会社を選ぶことが大切です。
No.1リサーチを行うなら、モニター数が多くて素早く精確に調査できる、規模の大きなリサーチ会社が狙い目となります。No.1リサーチの性質上、調査対象の規模を決定づけるモニター数は重要ですし、会員数が多ければそれだけ精度の高い調査結果に期待できます。
モニター数の目安は国内だけでも数百万人以上で、500万人や1,000万人以上のリサーチ会社であれば、その分規模が大きくて高精度な調査が実現可能です。料金の安さも大事ですが、納期やモニター数といった要素も肝心ですから、各項目を1つ1つ比較してじっくりと検討するのが良いのではないでしょうか。

あえてのリサーチ方法を問われたんだけど、始めたばかりの時の方がやり方に統一性があって、頭は使わずひたすらランキングを追ってた。今では手間が掛かるしヒット率も低い割に良い商材でもすぐに見つかって旨みがなくなる事が、まるでメルカリ転売のようだ(笑) だから今はやらない手法

ほぼ毎日してる介護界のリサーチどこ見ても良くない話だったり辞めたい、鬱、ならない方がいい仕事ランキング〜ばっかで萎える

-->